« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月14日 (日)

三沢選手のご冥福をお祈り申し上げます。

今の仕事をする前、普通の民間中小企業でサラリーマンをやってました。

専門学校を卒業した私は専門学校で身に付けた知識を

特に発揮することもないような企業に何も深く考えずに就職を決めてしまう訳です。

明確な目的や、やる気をもって就職を決めた訳ではなかったので

働きだして数ヶ月もしないうちに

このままこの会社で頑張ってもたいして給料も上がらなければ

賞与もままならない事実もあり、

「なんだかもう辞めたい」ってなっていた訳ですね。

そこで初めて「ちゃんと勉強して公務員試験でも」とも思った訳です。

8月の試験当日は会社の社員旅行の日だったのですが

「法事だから社員旅行は行けないっす」とか言って断って

試験会場へ「いったい誰の法事やねん」と

自分で突っ込みを入れながら足を運びました。

「これは人生のタイトルマッチだ」と勝手に思い込み

当時大好きだった超世代軍の三沢光晴選手の入場テーマ

「スパルタンX」をウォークマン(当時はカセットテープのヤツね)で

ガンガンに大音量で聞きながらの会場入り。

周りは現役の学生服着た人達ばかり。

試合開始(試験開始)直前まで単語帳を見ている学生さんを尻目に

私と言えば「スパルタンX」で気分は超世代軍の一員でした。

落ちてもそのまま会社にいれば良いと言う卑怯な安心感からか、

それともスパルタンX効果なのか、緊張することなく回答のペンは進み

適性検査も論文にもかなりの手応えを感じていました。

おかげで秋には分厚い封筒の合格通知が届き、

冬には辞めたくてしょうがなかった会社も円満退社する事ができ、

春には新しい仕事の待つ神戸に旅立つ事ができたのです。

カセットテープのウォークマンはMDウォークマンに変わり

カーステレオがCDに変わっても

私の作成するプロレステーマ集には必ず

「スパルタンX」は収録されていました。

今年になってから今まで三沢選手が会場で使用していた

オリジナル「スパルタンX」が版権の関係で使用できなくなったらしく、

ちょっとアレンジの変わったカバーバージョンに変更されました。

「今までの方が絶対良かったのになー」と思いながらも

新しいバージョンの「スパルタンX」が収録されたCDを買って聞き、

スカパーのプロレス専門チャンネルで

三沢選手が新しい「スパルタンX」で入場するのを観て

「これも悪くないかなー」なんて自分に納得させて

やっぱりCD買って良かったねなんて思ったばかりの出来事でした。

驚きとか悲しみとか、これから先のプロレス界の心配とか

いろいろ私なりに思いましたよ、

もうプロレス観なくても良いかなーとかもね。

でもねやっぱり

「あなたの試合を深夜に見てて、それまで好きだったプロレスが

大好きに変わりました!あなたの技で一番好きなのは

タイガードライバーです!ありがとうございました!お疲れ様でした!」

なんて思いが、こんな九州の西端から天国の三沢さんに届きますかねぇ。

2009年6月13日 (土)

生きる。

20090524220829 『いやいや、まだ生きてるから!』

ご無沙汰してました(^^ゞ

約1ヶ月におよぶ“長期出張”で

いつもより遠い所へ行ってまして。

それがようやく終わったと思ったら今度は1週間の研修と

ハードに過ごしています。

そんな心を亡くしそうな日々でも楽しく生きる

モチベーションだけは高く過ごしてましたのよ。

20090526213052 ←こんなレザーブレスレットを買ってきて

20090526215704 ←腕時計に無理矢理取り付けて遊んだりですとか。

自分で「すげぇ面白い!なんでもっと早く思いつかなかったんだ!」

と自画自賛したりしてね。

20090524215332 ←読書にもいそしんだりですとか。

特に読みはまったのは“鴨川ホルモー”

「なんでもっと早くこの面白さに気が付かなかったんだ!」

と思うぐらい面白しろがったり。映画も観たいな。

他にも先輩に“軍鶏”(アクション→イブニング連載)を借りて熟読し、

「なんで話が中途半端な所で終わっているのだ!

続きが気になるじゃないか!」

と絶叫したりですとか、

“人間失格”の現代解釈漫画版(古屋兎丸画・バンチに連載中)

を買って読み、

「太宰は深い!太宰は大人になってから読まないとダメだ!」

と一人悶絶したりと、人生を楽しく過ごしています。

他にもプロ野球交流戦やサッカー日本代表(おめでとう!)や

長崎セインツやV・ファーレン長崎の試合結果なんかにも一喜一憂。

・・・どんなに仕事がヘビーでも

疲れてすぐ寝てなんかいられない自分の人生が大好き♪