« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

カスタムしてみる11





『カ、カスタムペイント!?』



















最近、しっかり寒いですよね。
もう最近の遊びも私はインドアな訳ですよ。
最近の遊びは「ワッペンをいろんなものに縫い付ける」


←安くで売ってるメッシュキャップに
縫い付けるってのは基礎中の基礎。


緑のは洗剤Tide、茶色のはアロハ航空のものです。
さすがにミシンで円に縫う技術はないので
地味にチクチク手縫いです。


←古着のジャンパーの背中にも
チクチク手縫いで。


サイズが大きいワッペンは背中に。
これで安物ジャンパーもかなりそれっぽく変身します。


←MA-1の肩にエアフォースマークを。


以前は数着所有していたMA-1も今はこの
AVIREX(背中にお姉ちゃんのペイント入り)を残すのみ。
肩にマークは何もなかったので
自分で縫い付ける暴挙に。
でも、これが案外カッコイイ。
もちろん手縫い。裏地に糸を出さないよう縫うのは
至難の技でございました。


←フェイクレザーのN3-Bにも
エアフォースマークを。


ここ数年あまり着る機会が少なくなっていた
フェイクレザーのN3-Bにも縫いつけようと
企てていたら嫁が
「それは私が縫ってやろう」
と名人芸を披露。
嫁が縫い付けると糸が全く見えません。さすがです。

ちょっと使わなくなったり着なくなったりしたものに
改造を施すと新鮮に感じるから不思議だ。
N3-Bなんて最近ずっと着てるものね。
あとは「染めQ」で何かステンシルでも施すか。


そんな感じで気が付けばこのブログも丸2年。
いつも御来場ありがとうございます。
更新頻度が悪いにもかかわらず
見に来てくれるみなさんのお陰です。感謝です。
本当にありがとうございます。
まだやめるつもりもないので
これからもお付き合いくださいね。
















2007年11月22日 (木)

プロレスサンキュー

『何を食べたらプロレス検定
合格できますかね?』


『豚肉だ!いいからカウント入れろ!』














えー、ついに申し込んじゃいました。
“プロレス検定”
まずは無理をせず3級からにします。


←ネットで注文した
プロレス検定テキストと
問題集も到着。


検定料が4500円、テキストと問題集が3000円、
福岡までの高速バス賃が往復約5000円。
結構な金額でございます!
失敗は許されません!

3級は100点満点中70点以上で、
2級は受験者の成績上位35%で合格だとか。
もう、これまでの人生のいろんな試験の中でも
かなり勉強しないと!と気合も満点。
こんなに気合が入るのは運転免許以来かも。


←時を同じくして
新日本プロレス長崎連絡事務所さんより
アンケートのお礼とかでステッカーが届く。


もうこれはプロレスの神様も応援してくれているのだと
勝手に解釈している訳です。

トイレでずっとテキストを読みふける所存です。
決戦は来年3月9日、会場はまだ何処なのかわかりませんが
試験会場で皆さんとお会いできるのを
楽しみにこれから勉強頑張ります。

・・・え!誰も受けない!?





















2007年11月17日 (土)

ラララ ライ


『“マーケット”と言えば
やっぱ薬丸さんでしょう!』














←学園祭の季節ですね。
私も近所の女子短大の学祭へ
行って来ました。


と、言うのもラララライ体操でお馴染みの
“藤崎マーケット”が来るのだとか。
我が家の双子(♀♂3歳児 最近の自慢は
インフルエンザ注射で泣かなかった事!)も
カレンダーに丸まで付けて楽しみにしとりました。
この女子短大の付属幼稚園に通っているので
イベント情報がしっかり
幼児にまで浸透しているのですね。

そんな長い時間ではありませんでしたが
面白かったですよ、ライブ。
(撮影は厳禁だったから画像はないけどね)
福岡吉本のパタパタママって若手も来てました。
・・・華丸大吉のようになれるかな!?

でも、「女子大」ってだけで楽しいですよね。
私も息子も顔がほころぶってもんです。
たとえ模擬店の焼き鳥がパサパサで固くても、
豚肉が素材そのままの味がしても、
「若いものなぁ・・・♪」
で許してしまいそうです。

やはりちびっ子に大人気でした
藤崎マーケットのラララライ体操。
「ネタの持ち時間すべてそれをやると疲れる」
らしいのでトークやコントで最後まで引っ張られ
娘は私に抱っこされたままうっかり寝てしまい
肝心なラララライ体操は観れませんでしたとさ。

長崎女子短期大学様、来年は“ジャルジャル”
呼んでください。













2007年11月14日 (水)

魅惑のホームラン

『何を食べたらパカスカ
打てるようになりますか?』


『豚肉だね』
















最近、気分転換に近所のボーリング場の中にある
バッティングセンターに行っている。
辛い事、悲しい事、嫌な事もすっ飛ぶてなもんです。

しかしプロ野球うんちくには詳しいものの
野球自体はまともにやった事などない。
よって「打つ」と言うよりは「当てる」程度。
当たってもおおよそピッチャーライナーか
内野ゴロ、よくてセンター返し的な当りばかり。

そこで思い切ってフォームの改造を!
「よし!極端なアッパースイングにしよう!
イメージはアップショー(ダイエー)だ!」と一念発起。

これがまた素人の私には大当たり!
打球が飛球になってきたのです。
そしてついにバーチャル投手の投げた8球目
「ガン!」
と天井にぶら下がる“ホームラン”看板をライナーで直撃!
これが35年生きてきてはじめての経験だったのです。

なんなんでしょう、あの感覚・・・
まさにブリリアントな感じ・・・
気持ち良いったらありゃしない。

係りのおっさんに自己申告。
「そりゃおめでとう、ピッチングコーナーで
1ゲーム遊んで行って良いよ」
と景品的なサービスをしてもらう。

・・・これがいわゆる「ストラックアウト」(by筋肉番付)
初球から真ん中低め“8番”の位置をぶち抜き!
「35歳にして野球に目覚めた!?」
などといい気になったのもつかの間、
残りはすべて大暴投。
天井、左右フェンス、ワンバウンド・・・
いやぁ、新垣渚投手を責めてはいけませんよ。本当に。
それと始球式も笑えませんとも。

私の適当なバッティングフォーム、
崩れたピッチングフォームのおかげで
明後日の筋肉痛は間違いございません。

・・・どなたか球は遅くともコントロール良く
投げれるコツを教えてはもらえませんかね。













































2007年11月11日 (日)

鉄ネタ



『鉄が足りないのかい?』












←晴天に恵まれた11月11日に
「路面電車まつり」へ
岩崎本舗角煮饅頭CMにも出てくる
浦上車庫が会場でございます。



←大人も乗れるミニ電車が大盛況。
我が家の双子(♀♂3歳児
ETC未搭載車なのにETCゲートを
通過しろと無茶を言う)も大興奮!


そんなに鉄ちゃんではない私でも
とても良くできたミニ路面電車に感心しきり。
運転席にはリカちゃんパパらしき人が!


←夏の長崎ではおなじみの
「納涼ビール電車」(貸切で運行)も展示。



←中をちゃんと見たのは初めて!
(私が飲まないから興味がなかった)
景色見ながら飲めるのね〜と確認。



長崎に行ったら人とはちょっと違う豪遊を、と
お考えのあなた、是非貸切って酔いしれてみてください。

他にも制服着て運転席で記念撮影できたりですとか
運転席に座れたりですとか
ピット下に潜って底の部分見れたりですとか
つり革等のパーツ売ってたりですとか
きっとマニアにはたまらないイベント(のはず)です。
来年の秋の行楽スケジュールには是非ご検討を。

最近の「タモリ倶楽部」観てましたら
完全に市民権を得た感のある鉄道マニアの皆さん。
(路面電車はジャンル違いかも知れませんね)
今回の会場のすぐそばもJRが駆け抜けます。
チラリと見える姿や音を聞いただけで
鉄ちゃん小学生が「あ!ありあけだ!」
とか叫ぶ姿を見て感動。

是非とも大きくなったら
タモリ倶楽部に出演できるぐらいの
凄い人になって欲しいものです。
































2007年11月 4日 (日)

東風と書いてコチと読む


『うわぁ・・・
めっちゃにらまれてる・・・』












秋晴れの良い天気。
「そうだ、高校受験を控えている甥っ子のために
太宰府天満宮でおまいりしよう、
そして梅が枝餅食べよう」
などと思いつき家族でドライブ。
当事者である甥っ子は連れて行ってないのだけれど。


←で、太宰府天満宮到着!
いつきても沢山の参拝客ですな。
駐車場からの参道も楽しいし。




←池の鯉を呆然と眺める我が家の双子
(♀♂3歳児じゃんけんはパーばっかり)


100円で鯉の餌を購入して与えるだけでも
かなりのアトラクション!
ここの鯉はどれもかなりでかくて立派です。
・・・餌たりたかな?


←甥っ子にはちゃんと絵馬を購入
これ飾って勇気を出すべし。


←ほとんど皆無だとは思いますが
家紋ファンのために
太宰府天満宮の神紋の確認。
「梅」でございます。


「こちふかばにほいおこせしうめのはな」(うろおぼえ)
の梅でしょうな。
梅は天神様のシンボルマークでございますよ。


←鷽鳥(うそどり)のおみくじ


なかなか凛々しい目つきではありませんか!
まるで設立当初のダイエーホークスヘルメットを
彷彿させます。
この人形の中におみくじが入って300円。
私末吉、嫁小吉と言うなんとも中途半端な結果に。


私が始めて太宰府天満宮を訪れたのが
上の姉の高校受験の頃。
その時目の前で境内の池に幼児が落ちたのを
見てしまいかなり驚いた。
「うわぁ〜、子供が落ちた〜!」てなもんですよ。

とその記憶がかなり強烈に残っていまして
今回も我が家の双子に「落ちるなよ、落ちるなよ」
と言い聞かせておりました。
おかげで落ちませんでしたけれど。

20数年前のその時「その池に落ちた幼児は私です」
と言う方がもしいらっしゃいましたら
書き込みをお待ちしております。