« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

魅惑の御当選。4

サッカーW杯は終わりましたけど
私の元へ送られてきました
“オランダ代表ユニフォーム”



バウハウスから出版されいてる
『ワールドサッカーコレクション2006』
という代表とクラブチームのユニフォームを
紹介している本がありまして
それの懸賞に当選いたしました。

“代表ユニフォームを各1名様にプレゼント”
と書いてあったのでとりあえず参加しとくか!
とペンを執ったのは懸賞締め切りギリギリの頃。
オランダ、韓国、チェコで迷った挙句に
「オランダだけ襟がついていて
なんだか古臭くてカッコいいなぁ」
などと考え応募しました
いやぁいろいろ出してはみるものです。

今回当選したのにはちょっと心当たりがあります
先日城島後楽園遊園地の帰りにちらりと
湯布院に寄りました。
車を停めた駐車場のそばに
“座ると幸せになる”と書いてあった黄色い椅子が・・・

「座ると幸せ来るんだってよー」と言う私の戯言を
無視して家族の皆は行ってしまったので
幸せを独り占めしてやりました。

ご利益全開ですよ!
湯布院に行った際には是非皆さんも
探して座って幸せになりましょうよ。

・・・あまり頑丈そうには見えなかったので
壊さない程度に。




2006年7月29日 (土)

ジェッ!ジェッ!ジェッ!うーっジェット!

休みが連休になったので
大分の城島後楽園遊園地へ!
しかも初めて。



ここに来たらコレに
乗らなくては意味が無い
“JUPITER”に挑戦。

基本的に私「チキン」でございますから
乗る前からかなり心臓がバクバクしてはおりました。
が!乗ったらやっぱり凄かった。

骨組みが木材ですから揺れるのなんの。
そして走行時間が長い!(ように感じた)
宙返りこそありませんが
腰の浮く高低差と強烈な横Gに
『こんな横Gには絶えられねぇ、俺にはF-1は無理だ。』
と思った次第です。

足に力の入らないままふと隣を見上げたら
“ニュートン”が!
(椅子に座って凄い高いトコから落ちるアレね)

『JUPITERに乗って他に怖いもののあるまい、
記念に乗って行くか。』
などと思いこちらも挑戦。

・・・私はこっちの方がもっと怖かったっす
『飛び降り自殺だけは絶対にしない』と思った次第です。

凄い楽しい城島後楽園遊園地
“後楽園”の言葉の響きにノスタルジー感じてましたら
やはり「ジャイアンツグッズ」が。
九州では一番の品揃えではなかろうかと
思うほど充実のラインナップですが
「5」清原グッズがまだ並んでおりました。

・・・しかし定価は如何なものかと。





2006年7月25日 (火)

お兄ちゃん。

・・・まだ止められずにいる
“チャンピオンバイクコレクション”
(デアゴスチーニ)の定期購読。



今回はまたかなり素敵な
“1984ヤマハTZ250L”
80年代バイクファンにはたまらない
ソノートヤマハゴロワーズカラーであります。
のちに真っ青になったゴロワーズカラーも良いですが
ストロボを使ったこちらの方がヤマハっぽくて
私は好きです。

乗ってた人はクリスチャン・サロンさんで
弟のドミニク・サロンさんと兄弟で活躍されておりました。
プロレスファンでもある私の中では
ザ・ファンクスの兄の方“ドリー・ファンク・Jr”
とちょっとダブったりもします。

大好きだった80年代〜90年代のバイクが来ると
やっぱり嬉しい!
だけど嫁に「このバイク達はいつまで続くの?」
と鋭い突っ込みが。

・・・いつまで続くかなんて
僕にもよくわかりません。

せめてあとロン・ハスラムか平忠彦が出るまで・・・




2006年7月23日 (日)

衝動買い。13

10数年前、長崎→大阪へ
フランチャイズを
移して強く思った事が
「都会はすげぇ、雑誌に
紹介されているものが
何でも売ってある」でした。

当時の長崎に住んでいて雑誌見て
「良いなぁこれ・・・」と思っても
取扱店が無いために見かけない、
なんて事が多くあった訳で。
高速バス(もしくはかもめ)に乗って福岡まで
行かないと買い物もままならなかった
訳なんですよ。
あれから10数年、長崎も進化しました。が!
都会からするとやっぱり物足りない訳で・・・

で、このTシャツは愛読誌に
掲載されていたエフ商会のなんですが
「刺青だらけで上半身裸のお姉さんが
歌っているなんて・・・でもこんな和柄も良いかも」
なんて考えながら雑誌見ていたんですね
すると長崎でいつも服買ってるお店に並んでた訳ですよ。

「あ!雑誌と同じヤツだ、長崎にもあるんだ!」
なんてときめいてしまって思わず買っちゃいました。

・・・でも良く考えたら
どうしても欲しいモノはインターネットで通販すれば
どこに住んでようが楽に手に入るのにね。

でもはやく長崎も福岡みたいに都会にならんかな?
私は長崎でももっともっとウロウロ見てまわって
買い物がしたいんだーっ!



・・・あんまり買わんと見るだけかもしれませんが。




2006年7月20日 (木)

頂き物が。

以前ここでも欲しいと書いた
“鷹の祭典”用黄色ユニフォームを
唐津市在住信吾ちゃんの努力により
私の分もゲトして頂きました。


この場を借りて厚くお礼申し上げます。
私は良い友に恵まれたものです
これからもなにとぞ。

さてこの黄色ユニフォーム
持ってる人はわかると思いますが
来場プレゼントにしては
思いのほかクオリティが高い!

SoftBankHAWKSのロゴこそプリントですが
ライン等ちゃんと縫い付けてあり
来場プレゼントにも手を抜かない
SoftBankの意地と資金力の豊富さに
驚かされるばかりです。

何より嬉しいのはアパマンショップのロゴ。
え?いらない?
フルレプリカを有難がる私にはとても重要な
ポイントだったりします。
サッカーユニもフルスポンサーでないと
なんとなく嫌ですもの。

・・・ま、このデザインが
来年からレギュラーユニフォームに
なんて話がでたらそれは別問題。
やっぱり某台湾球団にしか見えないよねぇ
黄色いツバの帽子をホーム用にするのは
良いかもしれませんがね。




2006年7月19日 (水)

蛍の光が。

阪神タイガースの応援ムーブの一つである
相手投手交代の時の蛍の光がなくなるんだとか。

ホークスファンなんですが
オールスターファン投票のセントラルは
すべて阪神の選手にさせて頂いている程度の
阪神贔屓ではあります。
関西在住時代には何度となく
甲子園にも足を運ばせてもらいました。

嫌いじゃなかったんだけどなぁ・・・
蛍の光→六甲おろしの連続コンボ。
確かにスポーツライクではないかも知れませんが・・・
これも時代の流れでしょうかねぇ
高校野球の応援から
『○○倒せ〜おうっ!』
ってフレーズもなくなりましたからねぇ。

もうすでに蛍の光に代わる曲も用意してあるのだとか。
専門の作曲家さんとかがいるってのが
日本プロ野球応援界の素晴らしいところ。
そして曲が浸透するのも迅速で敬服するばかりです!

日本のプロ野球は鳴り物があってこそ
『プロ野球』だと思います。
今日も球場でトランペット吹いている方々
ご苦労様です、これからも頑張って。

・・・私が一番好きなバッティングマーチは
ホークス時代の佐々木選手の
“♪うーて ささーき ホームラーン”ってヤツです。

・・・ちょっと古いね。





2006年7月15日 (土)

衝動買い。12

夏を(家で)快適に過ごす為に
ふと目に留まった
“ムエタイパンツ”(1800円)
を買いました。


格闘技好きの血が騒ぎます
とっても素敵です。
カムバックドリンク“レッドブル”
のデザインがまた素敵。

日頃運動らしい運動を
していないにもかかわらず
こんなの履いたらね
やっぱりキックの一発でも
ぶち込みたくなる訳ですよ。

・・・と言う事で
ふとんを巻いて立てて
簡易サンドバックの完成!
架空の相手の首筋目がけてハイキック一発!

・・・私の背中の変な筋みたいな所が
ペキッって言いました。痛い。



・・・何をするにも準備運動が必要な
お年頃になりました。






2006年7月14日 (金)

落し物が。

何週間かに一度職場の早朝掃除当番が
輪番でやってきます。

と言っても職場の周りを掃除して
地域に貢献してますっぷりをアピールする
感じ程度の掃除なんですけれどね。

私は職場に早目に行ってしまうタイプなので
掃除当番も惰性でやっちゃいます
しかし道端にはいろんなモノが落ちとるもんですな。

バス停が近いせいもあって
タバコの吸殻はもちろん沢山落ちとります
それと今回落ちていたのが宝くじがひらりと1枚。

一瞬「!」と思いひらって確認しましたが
「ハズレ」とちゃんと印字してありました
・・・そりゃそうよね。

それから小さい熊のぬいぐるみ
・・・これは女子高生だか女子中学生が
カバンに付けてたのが落ちたのかなと
踏まれてくちゃんくちゃんになっとりましたけどね。

そしてケーキがワンホール丸ごと。
・・・これはわからんなー
何が起こったら道端にこれを落とすのか?
酔っ払いが忘れて行ったのか?
フルーツを沢山使用した生クリームのケーキは
蟻がたかりまくっておりました。

・・・いやぁどんなに酔っ払っても
お土産のケーキだけは忘れない
そんな立派な大人になりたいものです。

2006年7月10日 (月)

衝動買い。11

すみません。
今更ながらです
“生協の白石さん”
の素晴らしさに心打たれております。


本屋は大好きで時間を見つけては
通うくせに活字の本コーナーは斜め見で
プロレス雑誌→バイク雑誌→モータースポーツ誌
→もろもろ趣味の雑誌→煩悩の雑誌
等見ては帰る感じでした。

何気に目に留まったベストセラーコーナーに並ぶ
“生協の白石さん”
本のタイトルと売れている事だけは知っていました。
だけどタイトルを聞いただけで
「生協→トラックで食品等運んで来る主婦の味方」
ぐらいしか考えず苦労話でもまとめた本だろうとしか
思ってませんでした。

何でそんなに売れているのだろうと
何気に手に取り1,2ページ目を通しましたならば・・・
すげぇ面白いの!
今まで気が付かずごめんなさい!
速攻購入しました。
学生さんと大学内の生協職員さんのやりとりが
あんなに楽しかったらさぞ
学校生活も素敵な時間になるでしょうな。

本の中に度々出てくるのが
「プロ野球チップス」
同じプロ野球チップスファンとしてはかなりの
ツボでして・・・。
最近サボっていたプロ野球チップス購入に
もう一度情熱を燃やしてみようかななんて思いました
私も白石さんぐらいセンスのある
文章書けるようになりたいものです。

本は沢山読まないといけませんなぁ
なんでもっと若い時にそこに気がつかなんだか・・・。






2006年7月 8日 (土)

ヒロシです。

福岡ソフトバンクホークスの
ファンクラブ特典で頂いた
黒のビジターユニフォームに
背番号を。


「さて、誰にしたものか」
と考えた挙句に出た答えが

「柴原洋だね。背番号を31→1にせっかく変更したのに
最近影薄いしね(失礼)
ゴールデングラブやらベストナインやら
とってた頃の輝きを再び!」

などと考え発注したのはまだ肌寒い春の事
私の願いが通じた(?)のか最近は再び輝き始めましたね
オールスターファン投票選出おめでとうございます。

『レフト前に1本、どんづまりのヒットを打ちたい』
などと地味な事おっしゃらずに
スラッガーだった学生時代を思い出して
是非とも大きな1本を狙ってほしいものです。


♪しばーはらー うーてぇー